兵庫県神戸市西区の矯正歯科です。歯並びの治療をお考えの方はお気軽にご相談ください。

〒651-2273 兵庫県神戸市西区糀台5-6-3  神戸 西神オリエンタルホテル5F

診療時間                        
火・水・金・土 / 10:00~20:00
第1・3日曜 / 10:00~18:00

※13:00~15:00 は電話受付のみ

078-990-5505

学術実績

《見出し》

 [ 学会賞 及び 招待講演 ]
 ・学会賞
 ・招待講演
 [ 原著、症例報告、総説 ]
 ・原著論文
 ・症例報告論文
 ・総説論文
       学術雑誌への掲載
       歯科医師向け雑誌への掲載
 ・単行本への寄稿論文
 [ 著書 ]
 [ 翻訳書 その他 ]
 [ シンポジウム / 学会 発表 ]
 ・シンポジウム
 ・学会

学会賞

第10回 歯科基礎医学会賞 (1998)

招待講演

・Hidaka, O.: Dental occlusion and jaw muscle activity. 4th Asian-pacific orthodontic conference – Orthodontics in the new millennium, November 22, 2002, Singapore.

日高 修: 口腔内食塊の硬さ検出に係わる歯根膜機械受容器と閉口筋筋紡錘の役割. 日本咀嚼学会ミニシンポジウム「食品物性と咀嚼」, 1999年10月22日, 横浜.

日高 修: 咀嚼力調節における歯根膜感覚と筋紡錘感覚の役割(受賞講演). 歯科基礎医学会, 1998年10月17日, 名古屋.

Morimoto, T., Hidaka, O. and Komuro, A.: Muscle spindle discharges during masticatory jaw movements. Joint Canadian/Japanese physiological societies Winter Meeting, January 19-23, 2000, Alberta, Canada.

Morimoto, T., Hidaka, O., Masuda, Y., Komuro, A. and Inoue, T.: Sensory control of masticatory jaw movements according to food consistency. Osaka City University International Symposium 98 Joint Meeting with the 4th International Conference on Hydrocolloids, Oct 4-10, 1998, Osaka.

Morimoto, T., Hidaka, O., Komuro, A., Inoue, T. and Nagashima, T.: Contribution of jaw muscle spindles to the control of mastication. Neurobiology of Mastication, Nov 19-21, 1998, Tokyo.

Morimoto, T., Nakamura, O., Masuda, Y., Yoshikawa, K., Maruyama, T., Takada, K.: Effects of reducing the tooth height on jaw-closing muscle activity, bite force and muscle spindle discharges during mastication in the rabbit. Alpha & gamma motor systems, July 11-14, 1994, London, UK.

見出しに戻る

原著、症例報告、総説

原著論文

Abe, N., Yashiro, K., Hidaka, O., Takada, K. (2009): Influence of gum-chewing on the haemodynamics in female masseter muscle, J Oral Rehabil, 36(4): 240-249.

Hidaka, O., Yanagi, M., Takada, K. (2004): Changes in masseteric hemodynamics time-related to mental stress, J Dent Res, 83: 185-190.

Hidaka, O., Yanagi, M., Takada, K. (2004): Mental stress-induced physiological changes in the human masseter muscle, J Dent Res, 83: 227-231.

Kanomi, R., Hidaka, O., Yamada, C., Takada, K. (2004): Asymmetry in the condylar long axis and first molar rotation, J Dent Res, 83: 109-114.

Yagi, T., Morimoto, T., Hidaka, O., Iwata, K., Masuda, Y., Kobayashi, M., Takada, K. (2003): Adjustment of occlusal vertical dimension in the bite-raised guinea pig, J Dent Res, 82: 127-130.

Hidaka, O., Adachi, S., Takada, K. (2002): The difference in condylar position between centric relation and centric occlusion in pretreatment Japanese orthodontic patients, Angle Orthod, 72: 295-301.

Yashiro, K., Fujii, M., Hidaka, O., Takada, K. (2001) Kinematic modeling of jaw closing movement during food-breakage, J Dent Res, 80: 2030-2034.

Komuro, A., Morimoto, T., Iwata, K., Inoue, T., Masuda, Y., Kato, T., Hidaka, O. (2001): Putative feed-forward control of jaw-closing muscle activity during rhythmic jaw movements in the anesthetized rabbit, J Neurophysiol, 86: 2834-2844.

Masuda, Y., Kato, T., Hidaka, O., Matsuo, R., Inoue, T., Iwata, K., Morimoto, T. (2001): Neuronal activity in the putamen and the globus pallidus of rabbit during mastication, Neurosci Res, 39: 11-19. 

Komuro, A., Masuda, Y., Iwata, K., Kobayashi, M., Kato, T., Hidaka, O., Morimoto, T. (2001): Influence of food thickness and hardness on possible feed-forward control of the masseteric muscle activity in the anesthetized rabbit, Neurosci Res, 39: 21-29.

Hidaka, O., Iwasaki, M., Saito, M., Morimoto, T. (1999): Influence of clenching intensity on the bite force balance, occlusal contact area, and average bite pressure. J Dent Res, 78: 1336-1344.

Kato, T., Masuda, Y., Hidaka, O., Komuro, A., Inoue, T., Morimoto, T. (1999): Characteristics of the muscle spindle endings of the masticatory muscles in the rabbit under halothane anaesthesia, Brain Res, 833: 1-9.

Hidaka, O., Morimoto, T., Kato, T., Masuda, Y. Inoue, T., Takada, K. (1999): Behavior of jaw muscle spindle afferents during cortically induced rhythmic jaw movements in the anesthetized rabbit, J Neurophysiol, 82: 2633-2640.

Masuda, Y., Morimoto, T., Hidaka, O., Kato, T., Matsuo, R., Inoue, T., Kobayashi, M., Taylor, A. (1997): Modulation of jaw muscle spindle discharge during mastication in the rabbit. J Neurophysiol, 77: 2227-2231.

Hidaka, O., Morimoto, T., Masuda, Y., Kato, T., Matsuo, R., Inoue, T., Kobayashi, M., Takada, K. (1997): Regulation of masticatory force during cortically induced rhythmic jaw movements in the anesthetized rabbit. J Neurophysiol, 77: 3168-3179.

Kobayashi, M., Inoue, T., Matsuo, R., Masuda, Y., Hidaka, O., Kang, Y., Morimoto, T. (1997): Role of calcium conductances on spike afterpotentials in rat trigeminal motoneurons. J Neurophysiol, 77: 3273-3283.

Taylor, A., Hidaka, O., Durbaba, R., Ellaway, P.H. (1997): Fusimotor influence on jaw muscle spindle activity during swallowing-related movements in the cat. J Physiol, 503: 157-167.

Matsuo, R., Inoue, T., Masuda, Y., Nakamura, O., Yamauchi, Y., Morimoto, T. (1995): Neural activity of chorda tympani mechanosensitive fibers during licking behavior in rats. Brain Res, 689: 289-298.

Matsuo, R., Yamamoto, T., Ikehara, A., Nakamura, O. (1994): Effect of salivation on neural taste responses in freely moving rats: analyses of salivary secretion and taste responses of the chorda tympani nerve. Brain Res, 649: 136-146.

Inoue, H., Nakamura, O., Duan, Y., Hiraki, Y., Sakuda, M. (1993): Effect of centrifugal force on growth of mouse osteoblastic MC3T3-E1 cells in vitro. J Dent Res, 72: 1351-1355.

Ogata, K., Nakamura, O., Takada, K., Yoshikawa, K., Masuda, Y., Morimoto, T. (1993): Transducer for recording masticatory force in animal experiments. Jpn J Oral Biol, 35: 98-101.

Inoue, H., Hiasa, K., Samma, Y., Nakamura, O., Sakuda, M., Iwamoto, M., Suzuki, F. Kato, Y. (1990): Stimulation of proteoglycan and DNA syntheses in chondrocytes by centrifugation. J Dent Res, 69: 1560-1563.

日高 修,保田好隆 (2002): 歯垢染色剤入り歯磨剤の臨床的検討, 阪大歯誌, 46: 78-82.

川上正良, 山本照子, 中村 修, 中川浩一, 反橋由佳, 高田健治, 作田 守 (1993): 矯正治療前後における歯垢付着状態と齲蝕活動性の変化, 日矯歯誌, 52: 301-305.

中村 修, 山本照子, 高田健治, 日浅 敬, 三間雄司, 作田 守 (1992): 矯正治療前の患者の歯垢付着状態,齲蝕活動性およびDMF歯数-大阪大学歯学部附属病院矯正科での調査-, 近東矯歯誌, 27: 99-105.

三間雄司, 山本照子, 高田健治, 中村 修, 岩崎万喜子, 作田 守 (1992): 矯正治療中にプラークコントロール指導を受けた患者の治療後の口腔衛生状態: OHI-C index, OHI-D index, PMA Index, 齲蝕活動性試験,DMF歯数について, 近東矯歯誌, 27: 69-75.

見出しに戻る

症例報告論文

Yashiro, K., Hidaka, O., Takada, K. (2004): Stability of jaw movements in chewing after surgical-orthodontic treatment: report of a case with mandibular prognathism, Orthod. Waves, 62: 429-436.

Kawabe, R., Hidaka, O., Yashiro, K., Takada, K. (2004): Orthodontic treatment of a high-angle Class I malocclusion with an impacted mandibular second molar and anterior tooth crowding: a case report, Orthod. Waves, 63: 21-25.

Hashimoto, A., Hidaka, O., Yashiro, K., Takada, K. (2004): Orthodontic treatment of a patient with a cleft lip and palate treated by asymmetric tooth alignment: a case report, Orthod. Waves, 63: 107-113.

Hidaka, O., Yashiro, K., Kanomi, R., Takada, K. (2003): Orthodontic correction of an impacted mandibular first molar: a case report, Orthod. Waves, 62: 214-219.

Itoh, S., Hidaka, O., Nishida, M., Takada, K. (2002): Treatment of a Class II malocclusion with a high mandibular plane angle and severe tooth crowding: a case report, Orthod. Waves, 61: 471-477.

Yagi, T., Yasuda, Y., Hidaka, O., Takada, K. (2001): Asymmetric extraction treatment of a Class III skeletal 3 patient with left molar crossbite and anterior openbite, Orthod. Waves, 60: 402-408.

Maruyama, Y., Hidaka, O., Yasuda, Y., Takada, K. (2000): Orthodontic treatment of an adult patient with a long face and dilacerations of the lower-right lateral incisor, Orthod. Waves, 59: 208-214.

日高 修 (2010): 下顎癒合歯と上顎犬歯低位唇側転位を伴った患者の一治験例, 日本臨床矯正歯科医会雑誌, 21(2): 84.

蔭山明日香, 社 浩太郎, 日高 修, 高田健治(2004): 矯正治療による咀嚼運動円滑性の改善:前歯部の叢生を伴うアングルⅡ級の1症例, 第56回近畿北陸地区歯科医学大会雑誌, 145-147.

社 浩太郎, 日高 修, 三井敬子, 蔭山明日香(2004):骨格性下顎前突の2症例:下顎枝矢状分割術による下顔面骨格の対称性の変化について, 第56回近畿北陸地区歯科医学大会雑誌, 184-188.

社 浩太郎, 蔭山明日香, 三井敬子, 日高 修: 下顎下縁平面角の開大を伴う上顎前突症例,平成16年(2004)第56回近畿北陸地区歯科医学大会雑誌, 189-192.

阿部直子, 日高 修, 山下和夫, 高田健治 (2003): 側貌の著しい改善が認められた上顎前突症例の一治験例,阪大歯誌, 47: 120-127.

高田かほる, 日高 修, 保田好隆, 高田健治 (2003): 重度の叢生を伴うハイアングルⅡ級成人患者の1治験例, Orthod. Waves, 62: 149-154.

三間雄司, 日高 修, 社 浩太郎, 保田好隆, 高田健治 (2003): ディスタルエクステンションリンガルアーチを用いて非抜歯治療を行った1症例, 阪大歯誌, 48: 12-17.

柳 美帆, 日高 修, 保田好隆, 高田健治 (2002): 下顎前歯部の叢生および過蓋咬合を伴う片側II級症例,近東矯歯誌, 37: 77-84.

山東栄佳, 保田好隆, 北井則行, 日高 修, 宮脇正一 (2001): 顎偏位と咬合平面の傾斜を伴った骨格性3級症例の1治験例,近東矯歯誌, 36: 106-113. A skeletal class 3 case with facial asymmetry and a canted occlusal plane treated with two-jaw surgery

高田かほる, 保田好隆, 北井則行, 日高 修, 宮脇正一, 高田健治(2001): 上顎左側犬歯埋伏を伴うAngleⅡ級抜歯症例の1治験例,近東矯歯誌, 36: 114-120. An Angle Class II case with crowding and an impacted tooth treated by first premolar extraction

松井孝志, 保田好隆, 日高 修, 宮脇正一, 高田健治(2001): 叢生が認められた一卵性双生児の治験例-保定中における歯の動揺度の評価-,近東矯歯誌, 36: 144-151.

楊 浩彰, 堀内真理, 保田好隆, 日高 修, 宮脇正一, 高田健治 (2001): 骨格性3級症例の1治験例,近東矯歯誌, 36: 91-98.

川端庄一郎, 保田好隆, 日高 修, 高田健治 (2000): 過蓋咬合を伴うアングルⅡ級1類不正咬合の1治験例. 阪大歯誌, 44: 136-143.

三間雄司, 日高 修, 保田好隆, 柳 美帆, 高田健治 (2000): 上顎歯列の狭窄を伴う骨格性下顎前突症例の1治験例, 阪大歯誌, 44: 158-163.

相澤尚典, 保田好隆, 日高 修, 高島麻理子, 高田健治 (1999): 顎関節症を伴った成人の骨格性下顎非対称症例の非観血的1治験例. Orthod. Waves, 58: 263-271.

保田好隆, 高田健治, 中村 修, 作田 守, 南 克浩, 川本知明, 森 悦秀, 菅原利夫 (1991): 舌切除術を併用した骨格性下顎前突症例の1治験例, 阪大歯誌, 36: 525-532.

社 浩太郎, 高田健治, 三間雄司, 中村 修, 作田 守 (1991): 連続抜歯法を応用して治療した骨格性2級叢生症例, 近東矯歯誌, 26: 20-26.

見出しに戻る

総説論文

学術雑誌への掲載

日高 修, 高田健治, 森本俊文 (2000): 口腔内食塊の硬さ検出に係わる歯根膜機械受容器と閉口筋筋紡錘の役割, 日咀嚼会誌, 10: 9-15.

日高 修 (1999): 咀嚼筋活動の制御機構, 歯基礎誌, 41:184-192.

森本俊文, 日高 修, 増田裕次 (1998): 歯の喪失に伴う変化 - 口腔機能の生理的変化, 日本歯科医学会誌, 17: 34-40.


歯科医師向け雑誌への掲載

日高 修 (2005): 矯正治療前後の顎口腔機能の評価, 臨床家のための矯正イヤーブック2005 クインテッセンス出版, 130-135.

保田好隆, 柳 美帆, 日高 修, 高田健治 (2003): 装着時間がわかるAffirmTM Smart Headgearを使用して, ザ・クインテッセンス 22, 175-179.

日高 修, 増田裕次, 森本俊文 (1999): 噛むメカニズム3. 噛み方を決めるメカニズム, 歯界展望, 93, 177-184.

増田裕次, 日高 修, 森本俊文 (1999): 大脳基底核と口腔異常運動 - 口舌ジスキネジア -, 歯界展望 93, 234-235.

日高 修, 増田裕次, 森本俊文 (1999): 噛むメカニズム4. 噛み方を変えるメカニズム, 歯界展望 93, 386-394.

増田裕次, 日高 修, 森本俊文 (1999): 噛むメカニズム5. 噛み終わるメカニズム, 歯界展望 93, 568-576.

日高 修, 増田裕次, 森本俊文 (1999): 小脳と顎運動制御1, 歯界展望 93, 708-709.

増田裕次, 日高 修, 森本俊文 (1999): 噛むメカニズム6.噛みしめるメカニズム, 歯界展望 93, 886-892.

日高 修, 増田裕次, 森本俊文 (1999): 小脳と顎運動制御2, 歯界展望 94, 444-445.

増田裕次, 日高 修, 森本俊文 (1998): 大脳基底核と口腔異常運動 - ブラキシズム -, 歯界展望, 92, 468-469.

増田裕次, 日高 修, 森本俊文 (1998): 噛むメカニズム1. 噛む器官のメカニズム, 歯界展望, 92, 1114-1122.

増田裕次, 日高 修, 森本俊文 (1998): 噛むメカニズム2. 噛み始めるメカニズム, 歯界展望, 92, 1394-1401.

森本俊文, 増田裕次, 日高 修 (1997): ブラキシズムの生理; ブラキシズムの基礎と臨床(加藤 熈, 押見 一, 池田雅彦 編) 日本歯科評論, 131-140.

日高 修 (1995): 大阪国際口腔生理シンポジウム1994をふりかえって, the Quintessence, 14: 163-165.

見出しに戻る

単行本への寄稿論文

Hidaka, O., Adachi, S., Takada, K. (2002): Condylar position before orthodontic treatment, Orthodontics in the 21st Century, Osaka University Press, Osaka, 192-193.

Hidaka, O., Kanomi, R., Yamada, C., Takada, K. (2002): Condylar long axis and upper first molar rotation, Orthodontics in the 21st Century, Osaka University Press, Osaka, 194-195.

Morimoto, T., Inoue, T., Hidaka, O., Masuda, Y., Komuro, A. (2000): Sensory control of masticatory jaw movements according to food consistencies in the rabbit: edited by Nishinari K., Hydrocolloids – Part 2, Elsevier, Amsterdam, 465-472.

Kaneko, H., Hidaka, O., Fujimoto, Y., Matsuya, T., Masuda, Y., Morimoto, T. (1999): Immobilization stress increases masseter muscle excitability in the rat: edited by Yamashita, H. et al., Control Mechanisms of Stress and Emotion: Neuroendocrine-Based Studies, Elsevier, Amsterdam, 283-284.

Morimoto, T., Hidaka, O., Komuro, A., Inoue, T., Nagashima, T. (1999): Contribution of jaw muscle spindles to the control of mastication: edited by Nakamura Y. and Sessle, B.J., Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Elsevier, Amsterdam, 201-212.

Hidaka, O., Komuro, A., Kato, T., Masuda, Y., Yoshikawa, K., Inoue, T., Takada, K., Morimoto, T. (1999): Effects of changing of occlusal height on mastication in the rabbit: edited by Nakamura Y. and Sessle, B.J., Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Elsevier, Amsterdam, 253-255.

Komuro, A., Hidaka, O., Masuda, Y., Kato, T., Inoue, T., Morimoto, T. (1999): Effects of cerebellar ablation on the timing of masticatory force control in the rabbit: edited by Nakamura Y. and Sessle, B.J., Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Elsevier, Amsterdam, 376-378.

Masuda, Y., Tsuji, H., Kim, S., Komuro, A., Kato, T., Hidaka, O., Inoue, T., Morimoto, T. (1999): Effects of basal-ganglia stimulation on rhythmic jaw movements in the rabbit: edited by Nakamura Y. and Sessle, B.J., Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Elsevier, Amsterdam, 387-389.

Inoue, T., Ogawa, S., Itoh, S., Matsuo, R., Masuda, Y., Hidaka, O., Morimoto, T. (1999): Low-voltage activated calcium conductances in neonatal rat trigeminal motoneurons: edited by Nakamura Y. and Sessle, B.J., Neurobiology of Mastication - from Molecular to Systems Approach, Elsevier, Amsterdam, 83-85.

Hidaka, O., Iwasaki, M., Saito, M., Morimoto, T. (1998): Bite force in the intercuspal position at maximum voluntary clenching: edited by Jacobs, R., Osseoperception, Catholic University Leuven, Leuven, 61-70.

Taylor, A., Hidaka, O., Durbaba, R., Ellaway, P.H. (1997): Fusimotor patterns in cat jaw muscles inferred from comparison of spindle behaviour in active and passive movements. J Physiol, 501.P: 39-40.

Morimoto, T., Nakamura, O., Masuda, Y., Yoshikawa, K., Maruyama, T., Takada, K. (1995): Effects of reducing the tooth height on jaw-closing muscle activity, bite force and muscle spindle discharges during mastication in the rabbit: edited by Taylor, A., Gladden, M.H. and Durbaba, R., Alpha and gamma motor systems, Plenum, New York and London, 409-411.

Morimoto, T., Nakamura, O., Kato, T., Masuda, Y. (1995): Proprioceptive control of masticatory muscle activity during cortically induced rhythmic jaw movements in the anesthetized rabbit: edited by Kaneko, A., The Second Joint Meeting of the Physiological Societies of Japan and U. K. and Eire, The Physiological Society of Japan, S62. (Japanese Journal of Physiology 45 Supplement 2, 1995)

Morimoto, T., Nakamura, O., Ogata, K., Liu, Z.J., Matsuo, R., Inoue, T., Masuda, Y., Saito, O., Mizuno, J., Kato, T. (1995): Autoregulation of masticatory force in the anesthetized rabbit: edited by Morimoto, T., Matsuya, T. and Takada, K., Brain and Oral Functions, Elsevier, Amsterdam and Tokyo, 115-124.

Inoue, T., Kobayashi, M., Matsuo, R., Nakamura, O., Wakisaka, S., Morimoto, T. (1995): Facilitation of trigeminal motoneuron excitability by serotonin in the rat: edited by Morimoto, T., Matsuya, T. and Takada, K., Brain and Oral Functions, Elsevier, Amsterdam and Tokyo, 291-294.

見出しに戻る

著書 

Stephens, C. D., Takada, K., Kakiuchi, Y. (Authors), Grigg, P., Lee, W., Yasuda, Y., Hidaka, O., Asai, K., Ueyama, Y. (Contributors) (1999): Orthodontic Hyper Knowledge (CD-ROM), Medigit, Osaka.

日高 修, 高田健治 (2003): W.R. プロフィト教授 現代矯正学1日セミナー 歯科矯正治療をめぐる最新の話題 – 問題点の整理と理解 –, 高田健治, W.R. Proffit 編, 21世紀のオーソドンティックス, クインテッセンス出版, 東京, 1-63, 平成15.

保田好隆, 日高 修, 社浩太郎, 高田健治 (2002): 噛み合わせと顔面の形態を変化させる領域-「矯正歯科」での応用-, 前田芳信 編, 情報化時代の歯科医療, 大阪大学出版会, 大阪, 21-43.

高田健治(監修); 保田好隆, 日高 修(著者)(2000): 矯正歯科治療とオーラルハイジーン・コントロール, クインテッセンス出版, 東京, 1-105, 平成12.

見出しに戻る

翻訳書 その他

高田健治, 大西 馨(監訳・訳), 武内健二郎, 山本照子, 垣内康弘, 泰間恒明, 中川浩一, 保田好秀, 保田好隆, 川上正良, 社浩太郎, 栗山玲子, 中村 修, 宮脇正一, 岩崎万喜子, 反橋由佳, 山城 隆(訳) (1994): プリアジャストエッジワイズ法 - 装置とメカニクス (Bennet, J.C. and McLaughlin, R.P., 1983, Orthodontic Treatment Mechanics and the Preadjusted Appliance, Wolfe Pub., London, pp 1-265), プロスペクト, 京都, 1-265.

Hidaka, O., Yanagi, M., Takada, K. (2004): Introductory essay on a paper of the 100 selected papers, Annual Report of Osaka University Academic Achievement 2003-2004, 5: 73.

日高 修 (2004): 編集後記, Orthod. Waves-Jpn Ed, 63: 70.

高田健治(編著), 保田好隆, 日高 修, 北井則行, 高島麻理子, 伊藤さつき, 藤田恭子, 柳 美帆, 黒川千明, 足立 敏, 垣内康弘, 川上正良(制作協力) (2002): 歯科矯正学シラバス2002-2003, 1-64, 平成14.

高田健治(編著), 保田好隆, 日高 修, 北井則行, 高島麻理子, 伊藤さつき, 藤田恭子, 柳 美帆, 黒川千明, 足立 敏, 垣内康弘, 川上正良(制作協力) (2001): 歯科矯正学シラバス2001-2002, 1-51, 平成13.

日高 修 (1999): 大学近況 大阪大学歯学部歯科矯正学講座, 近東矯歯誌, 34: 103-104.

日高 修 (1998): 大学近況 大阪大学歯学部歯科矯正学講座, 近東矯歯誌, 33: 51-52.

見出しに戻る

シンポジウム / 学会 発表

シンポジウム

Hidaka, O., Kanomi, R., Yamada, C. and Takada, K.: Condylar long axis and upper first molar rotation, Symposium Orthodontics 2001, Nov 19-21, 2001, Osaka.

Adachi, S., Hidaka, O., and Takada, K.: Condylar position before orthodontic treatment, Symposium Orthodontics 2001, Nov 19-21, 2001, Osaka.

Hidaka, O., Iwasaki, M., Saito, M. and Morimoto, T.: Bite force in the intercuspal position at maximum voluntary clenching. International multidisciplinary workshop on osseoperception, Mar 25, 1998, Leuven, Belgium.

Kaneko, H., Hidaka, O., Fujimoto, Y., Masuda, Y., Matsuya, T. and Morimoto, T.: Immobilization stress increases masseter muscle excitability in the rat., The 18th UOEH international symposium, Control mechanisms of stress and emotion in occupational and environmental health: neuroendocrine based studies, Oct 9, 1998, Kitakyushu City, Fukuoka, Japan

Hidaka, O., Komuro, A., Kato, T., Masuda, Y., Yoshikawa, K., Inoue, T., Takada, K. and Morimoto, T.: Effects of changing of occlusal height on mastication in the rabbit. Neurobiology of Mastication, Nov 19-21, 1998, Tokyo.

Komuro, A., Hidaka, O., Masuda, Y., Kato, T., Inoue, T. and Morimoto, T.: Effects of cerebellar ablation on the timing of masticatory force control in the rabbit. Neurobiology of Mastication, Nov 19-21, 1998, Tokyo.

Masuda, Y., Tsuji, H., Kim, S., Komuro, A., Kato, T., Hidaka, O., Inoue, T. and Morimoto, T: Effects of basal-ganglia stimulation on rhythmic jaw movements in the rabbit. Neurobiology of Mastication, Nov 19-21, 1998, Tokyo.

Inoue, T., Ogawa, S., Itoh, S., Matsuo, R., Masuda, Y., Hidaka, O. and Morimoto, T: Low-voltage activated calcium conductances in neonatal rat trigeminal motoneurons. Neurobiology of Mastication, Nov 19-21, 1998, Tokyo.

見出しに戻る

学会

Yanagi, M., Hidaka, O., Abe, N., and Takada, K.: Effects of occlusal splint hardness on masticatory muscle activity and autonomic nervous system activity during mental stress. IADR, March 8, 2002. San Diego.

Hidaka, O., Yanagi, M., Abe, N., and Takada, K.: Masseteric hemodynamics time-related to sweat expulsion. JADR, December 1, 2002. Sendai.

Abe, N., Hidaka, O., Yanagi, M., and Takada, K.: Masseteric hemodynamic changes during chewing movements. JADR, December 1, 2002. Sendai.

Kanomi, R., Hidaka, O., Yamada, C., Takada, K.: Asymmetry in upper first molar rotation and condylar long axis. The Japanese Orthodontic Society, Oct. 9, 2001. Tokyo.

Fujii, M., Takada K., Hidaka, O., Yashiro K.: Kinematic modeling of jaw closing movement during food-breakage in human mastication. The Japanese Orthodontic Society, Oct. 9, 2001. Tokyo.

Adachi, S., Hidaka, O., Miki, T. and Takada, K.: CO-CR discrepancy of the condyle in Japanese orthodontic patients, 76th Congress of the European Orthodontic Society, June 2-7, 2000, Crete, Greece.

Masuda, Y., Kato, T., Komuro, A., Hidaka, O. and Morimoto, T.: Activities of basal ganglia neurons during mastication in awake rabbits. IADR, March 10-13, 1999, Vancouver, Canada.

Komuro, A., Hidaka, O., Masuda, Y., Kato, T. and Morimoto, T.: Timing of masticatory force control in the rabbit. IADR, Jun 26, 1998, Nice, France.

Hidaka, O., Kato, T. and Morimoto, T.: Proprioceptive control of masticatory force. IADR, Mar 21, 1997, Orlando, USA.

Taylor, A., Hidaka, O., Durbaba, R. and Ellaway, P.H.: Fusimotor patterns in cat jaw muscles inferred from comparison of spindle behaviour in active and passive movements. The Physiological Society, Mar 24-26, 1997, Dublin, UK.

Kato, T., Hidaka, O. and Morimoto, T.: Classification of jaw-closing muscle spindle afferents under halothane anesthesia. IADR, Mar 22, 1997, Orlando, USA.

Hidaka, O., Morimoto, T. and Takada, K.: Regulation of masticatory force in the anaesthetized rabbit. European Orthodontic Society 72nd Congress, Jul 4, 1996, Brighton, UK.

Nakamura, O., Masuda, Y., Kato, T., Inoue, T., Matsuo, R., Morimoto, T.: A role of muscle spindle afferents in regulation of mastication. 4th IBRO, July 12, 1995, Kyoto.

Masuda, Y., Nakamura, O., Kato, T., Mizuno, J., Kobayashi, M., Inoue, T., Matsuo, R., Morimoto, T.: Discharge pattern of neurons in the cortical masticatory area during mastication in the awake rabbit. 4th IBRO, July 12, 1995, Kyoto.

Inoue, T., Kobayashi, M., Matsuo, R., Masuda, Y., Nakamura, O., Wakisaka, S., Morimoto, T.: Serotonin excitation of rat trigeminal motoneuron. 4th IBRO, July 12, 1995, Kyoto.

Matsuo, R., Yamauchi, Y., Inoue, T., Masuda, Y., Nakamura, O., Kobayashi, M., Kato, T., Mizuno, J., Morimoto, T.: Effect of lateral hypothalamic activity on salivation during chewing in rats. 4th IBRO, July 12, 1995, Kyoto.

Yamauchi, Y., Matsuo, R., Inoue, T., Masuda, Y., Nakamura, O., Kobayashi, M., Kato, T., Mizuno, J., Nokubi, T., Morimoto, T.: Importance of the parabrachial nucleus for salivation during taste rejection behavior in rats. 4th IBRO, July 12, 1995, Kyoto.

日高 修: アングルII級1類ハイアングル症例. 日本臨床矯正歯科医会, 2015年2月11日, 名古屋.

日高 修: 下顎癒合歯と上顎犬歯低位唇側転位を伴った患者の一治験例. 日本臨床矯正歯科医会, 2009年9月23日, 宮崎.

河辺里絵子, 日高 修, 社 浩太郎, 高田健治: 上下前歯唇側傾斜を伴うアングルⅢ級症例. 近畿東海矯正歯科学会, 2004年6月20日, 岐阜.

小野綾子, 日高 修, 北井則行, 高田健治: 矮小な上顎側切歯抜去により非対称に排列した片側性唇顎口蓋裂症例. 近畿東海矯正歯科学会, 2004年6月20日, 岐阜.

川崎馨嗣, 北井則行, 日高 修, 高田健治: 下顎骨仮骨延長術を施行したhypoglossia-hypodactylia症候群の1症例. 近畿東海矯正歯科学会, 2004年6月20日, 岐阜.

日高 修,阿部直子,鳥井美帆,髙田健治: リズミカルな顎運動後における咬筋血液動態. 日本矯正歯科学会, 2004年11月19日, 福岡.

阿部直子,日高 修,鳥井美帆,髙田健治: ガム咀嚼運動開始時における咬筋血液動態の変化. 日本矯正歯科学会, 2004年11月19 日, 福岡.

鳥井美帆,日高 修,阿部直子,髙田健治: 心理的ストレスに伴うヒト咬筋血液動態の変化. 日本矯正歯科学会, 2004年11月19日, 福岡.

山田千秋, 北井則行, 日高 修, 原口誠自, 高田健治: 学術展示:下顎骨の仮骨延長術を施したTreacher Collins syndrome の一治験例. 近畿東海矯正歯科学会, 2003年6月15日, 大阪.

河辺里絵子, 日高 修, 保田好隆, 高田健治: 症例展示:下顎第二大臼歯の萌出障害を伴うⅠ級叢生症例. 近畿東海矯正歯科学会, 2003年6月15日, 大阪.

高田かほる, 日高 修, 北井則行, 高田健治: 症例展示:開咬を伴う小下顎症の一治験例. 近畿東海矯正歯科学会, 2003年6月15日, 大阪.

日高 修, 柳 美帆, 阿部直子, 髙田健治: 精神負荷タスクに伴う咬筋血液動態の変化. 日本矯正歯科学会, 2003年10月10日, 新潟.

阿部直子, 日高 修, 柳 美帆, 髙田健治: 顎運動に伴う咬筋血液動態の変化. 日本矯正歯科学会, 2003年10月10日, 新潟.

日高 修, 柳 美帆, 阿部直子, 高田健治: 学術口演:歯垢染色剤入り歯磨剤の臨床的検討. 近畿東海矯正歯科学会, 2002年6月16日, 名古屋.

高田かほる, 日高 修, 保田好隆, 高田健治: 症例展示:前歯部叢生および過蓋咬合を伴うアングルII級症例. 近畿東海矯正歯科学会, 2002年6月16日, 名古屋.

柳 美帆, 日高 修, 保田好隆, 高田健治: 症例展示:下顎前歯部の叢生および過蓋咬合を伴う片側II級症例. 近畿東海矯正歯科学会, 2002年6月16日, 名古屋.

日高 修, 足立 敏, 髙田健治: 学術展示:矯正歯科治療開始前の患者における中心咬合位での下顎頭の中心位からの偏位. 日本矯正歯科学会, 2002年10月24日, 名古屋.

阿部直子, 日高 修, 柳 美帆, 髙田健治: 学術展示:ガム咀嚼中における咬筋血流の動態. 日本矯正歯科学会, 2002年10月23日, 名古屋.

保田好隆, 高木雅人, 福田哲也, 藤井美穂, 日高 修, 水野武治, 高田健治: 学術展示:動的治療終了後長期間観察をおこなった骨格性下顎前突症の1治験例. 近畿東海矯正歯科学会, 2001年6月10日, 尼崎.

保田好隆, 柳 美帆, 日高 修, 高田健治: 装着時間が自動記録されるHeadgearについて. 近畿東海矯正歯科学会, 2000年6月18日, 豊中.

黒田晋吾, 日高 修, 高田健治: 症例展示:片側性唇顎裂を伴ったアングルII級不正咬合症例の1治験例. 近畿東海矯正歯科学会, 2000年6月18日, 豊中.

伊藤さつき, 日高 修, 西田美穂子, 高田健治: 症例展示:著しい叢生を伴うアングルII級不正咬合症例. 日本矯正歯科学会, 2000年10月26日, 大阪.

山東栄佳, 保田好隆, 福田哲也, 北井則行, 日高 修, 高田健治: 上下顎移動術をおこなった顎偏位を伴う骨格性3級症例の1治験例. 近畿東海矯正歯科学会, 2001年6月10日, 尼崎.

小室 暁, 日高 修, 加藤隆史, 増田裕次, 森本俊文: 三叉神経中脳路核破壊による咀嚼時の咬筋活動の変化. 日本生理学会, 1999年3月28日, 長崎.

足立 敏, 日高 修, 高田健治: 日本人矯正患者における中心咬合位と中心位間の顆頭の変位量について. 近畿東海矯正歯科学会, 1999年6月20日, 岐阜.

八木孝和, 増田裕次, 日高 修, 高田健治, 森本俊文: モルモットにおける咬合挙上前後の咀嚼筋活動. 歯科基礎医学会, 1999年9月25日, 東京.

岩崎万喜子, 日高 修, 齋藤 充, 森本俊文: 噛みしめ強さが咬合力バランス、咬合接触面積、平均咬合圧に及ぼす影響. 歯科基礎医学会, 1999年9月25日, 東京.

川端庄一郎, 保田好隆, 日高 修, 高田健治: 症例報告:過蓋咬合を伴うアングルII級不正咬合の1治験例. 阪大歯学会, 1999年12月2日, 吹田.

小室 暁, 日高 修, 加藤隆史, 増田裕次, 森本俊文: 咀嚼筋筋感覚遮断による咀嚼時の咬筋活動の変化. 日本生理学会, 1998年3月27日, 金沢.

金香宏幸, 日高 修, 藤本佳之, 増田裕次, 松矢篤三, 森本俊文: ラット拘束中の咬筋神経活動の変化. 日本生理学会, 1998年3月27日, 金沢.

高田健治, 中川浩一, 保田好隆, 北井則行, 社 浩太郎, 日高 修: 第43回臨床研修会 わかる矯正歯科治療(タイポドントコース) ―エッジワイズ装置の原理と応用―, 1998年9月12 - 15日, 大阪大学歯学部記念会館

増田裕次, 辻 洋史, 日高 修, 小室 暁, 黒田真司, 八木孝和, 森本俊文: 咀嚼過程に関連したウサギ基底核ニューロンの活動様式. 日本神経科学学会, 1998年9月23日, 東京

八木孝和, 日高 修, 増田裕次, 高田健治, 森本俊文: モルモットにおける咬合挙上後の上下顎間距離の経時的変化. 日矯学会, 1998年10月2日, 仙台.

辻 洋史, 増田裕次, 小室 暁, 日高 修, 森本俊文: ウサギ脳幹刺激によるリズミカルな顎運動の抑制. 歯科基礎医学会, 1998年10月17日, 名古屋.

八木孝和, 日高 修, 増田裕次, 高田健治, 森本俊文: モルモットにおける垂直的咬合高径増大後の経時的変化. 歯科基礎医学会, 1998年10月18日, 名古屋.

日高 修, 小室 暁, 加藤隆史, 増田裕次, 水野潤造, 井上富雄, 松尾龍二, 森本俊文, 高田健治: 試料咀嚼に伴う咬筋活動増大の発現タイミング. 阪大歯学会, 1997年7月3日, 吹田.

増田裕次, 加藤隆史, 水野潤造, 小室 暁, 日高 修, 森本俊文: 咀嚼中に活動するウサギ大脳基底核ニューロンの特性. 日本生理学会, 1997年3月27日, 浜松.

小室 暁, 日高 修, 加藤隆史, 増田裕次, 森本俊文: 脳幹の部分切除による咀嚼時の咬筋活動の変化. 日本神経科学学会, 1997年7月16日, 仙台.

加藤隆史, 増田裕次, 日高 修, 小室 暁, 辻 洋史, 森本俊文: ウサギ閉口筋筋感覚ニーロンの応答特性による分類. 歯科基礎医学会, 1997年10月2日, 北九州.

増田裕次, 加藤隆史, 辻 洋史, 水野潤造, 小室 暁, 日高 修, 森本俊文: 咀嚼過程に関連したウサギ被殻ニューロンの活動様式. 日本神経科学学会, 1997年7月17日, 仙台.

井上富雄, 小林真之, 松尾龍二, 増田裕次, 日高 修, 森本俊文: 三叉神経運動ニューロンに対するノルアドレナリンの影響. 日本生理学会, 1996年4月3日, 福井.

加藤隆史, 増田裕次, 日高 修, 水野潤造, 井上富雄, 松尾龍二, 森本俊文: ハロセン麻酔下におけるウサギ咀嚼筋筋紡錘の生理学的特性. 日本生理学会, 1996年4月5日, 福井.

増田裕次, 加藤隆史, 水野潤造, 日高 修, 井上富雄, 松尾龍二, 森本俊文: 咀嚼中の過程の違いによる無麻酔ウサギ中脳路核筋紡錘ニューロン活動様式の変化. 歯科基礎医学会, 1995年平成7年9月, 東京.

増田裕次, 加藤隆史, 中村 修, 井上富雄, 松尾龍二, 森本俊文: 無麻酔ウサギ三叉神経中脳路核細胞の咀嚼中の活動様式. 日本生理学会, 1995年平成7年3月, 名古屋.

松尾龍二, 山内羊二, 井上富雄, 増田裕次, 中村 修, 水野潤造, 森本俊文: ラットの味覚嫌悪行動時の唾液分泌と顎運動:結合腕傍核の役割. 日本生理学会, 1995年平成7年3月, 名古屋.

松尾龍二, 中村 修, 小林真之, 井上富雄, 森本俊文: 味覚摂取時のラット鼓索神経活動の特徴. 日本生理学会, 1994年3月24-26日, 香川(医科大学).

井上富雄, 小林真之, 松尾龍二, 中村 修, 安井康順, 田中 晋, 森本俊文: 三叉神経運動ニューロンに対するセロトニンの影響. 日本生理学会, 1994年3月24-26日, 香川(医科大学).

井上富雄, 小林真之, 松尾龍二, 増田裕次, 中村 修, 加藤隆史, 森本俊文: 三叉神経運動ニューロンに対するセロトニンの影響. 歯科基礎医学会, 1994年10月17-18日, 豊中(千里ライフサイエンス).

松尾龍二, 井上富雄, 増田裕次, 中村 修, 水野潤造, 山内羊二, 森本俊文: 溶液摂取時の機械的刺激に対するラット鼓索神経の応答. 歯科基礎医学会, 1994年10月17-18日, 豊中(千里ライフサイエンス).

松尾龍二, 中村 修, 森本俊文: 味覚機能の維持における唾液中イオンの役割. 日本生理学会, 1993年4月1-3日, 山梨大学.

中村 修, 高田健治, 作田 守, 井上富雄, 松尾龍二, 森本俊文: 咀嚼力の自動調節機構. 歯科基礎医学会, 1993年10月12-13日, 長崎大学教養部.

吉川健司, 中村 修, 増田裕次, 松尾龍二, 森本俊文: ウサギ大脳皮質誘発性顎運動中の咀嚼力の測定. 日本生理学会, 1992年4月2-4日, 秋田大学手形キャンパス.

中村 修, 山本照子, 高田健治, 中川浩一, 岩崎万喜子, 作田 守, 川上正良: 矯正治療前後における歯垢付着状態と齲蝕活動性の変化. 近畿東海矯正歯科学会, 1992年6月14日, 四日市市文化会館.

中村 修, 高田健治, 作田 守, 吉川健司, 尾形和彦, 増田裕次, 松尾龍二, 森本俊文: 咀嚼力の自動調節作用と口顎感覚の役割. 歯科基礎医学会, 1992年10月14-15日, 岡山大学教養部.

見出しに戻る

所在地

〒651-2273
兵庫県神戸市西区糀台5-6-3 神戸西神オリエンタルホテル5F

診療時間

火・水・金・/10:00~20:00第1・3日曜/10:00~18:00
※13:00~15:00 は電話受付のみ

診療日カレンダーはこちら

 お問合せはお気軽に

078-990-5505

   お問合せ・ご予約はお電話で受け付けています。
   お気軽にご連絡ください。